SDGsへの取り組み

國光グループはリサイクルを通じて
SDGs<持続可能な開発目標>の
実現に貢献します。

さらに、サステナビリティへの
取り組みを強化して、
地球環境に配慮した健全で持続可能な
社会の構築を目指します。

Sustainable development goals

SDGs<持続可能な開発目標>とは

2015年9月に国連総会で、地球環境と人々の暮らしを持続可能なものとするため、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。その中ですべての国が2030年までに取り組むべき17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられました。

SDGsは、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。発展途上国だけの問題ではなく、先進国も含めたすべての国における普遍的な目標として世界各国が協力し、目標達成に向けて取り組みを行っています。

國光グループのSDGs推進方針

國光グループでは SDGs推進室を立ち上げ、SDGsで特定された世界的な課題に対して、グループの取り組みとしてどのような解決策があるかを議論し、以下を推進方針としました。

SDGs推進方針

これまで國光グループは循環型社会の構築に向けて資源リサイクルを本業として社会に貢献してまいりました。このリサイクルで培った技術力を活かし、本業としてSDGsに取り組む仕組みづくりをすることこそが、持続可能な社会の構築を目指す事、事業を継続的に成長させていく事に繋がると考えました。

國光グループは、本業であるリサイクル事業を通じてSDGsが掲げる地球規模の課題解決に貢献し、さらに事業以外の企業活動においてもSDGsへの取り組みを推進することにより、グループの企業価値向上を目指して参ります。

國光グループ
株式会社 國光
株式会社 WELL

ページの先頭に戻る